生酵素を含んだもっとすっきり生酵素。そもそも酵素ってどんなもの?

少し前に人気が出てからというもの、酵素を使った商品はとてもたくさん販売されています。
「もっとすっきり生酵素」も、その中のひとつです。

なんとなく酵素は体にいいという認識が広まっていますが、実際のところ酵素がどういったもので、どんな効果をもたらすのかについては知らない人も多いものです。
酵素サプリメントを利用するときには、そうした部分についても知っておくほうがいいでしょう。

体内で働く2種類の酵素

酵素とひとくくりにされていますが、体内で働く酵素には2種類あります。
ひとつは消化酵素で、食べたものを消化するのに必要とされています。
もうひとつは代謝酵素で、こちらは栄養素を全身の細胞に届けるなど、体の代謝にかかわる働きをします。

こうした酵素は体内で生成されますが、年齢とともにその量は低下していきます
30代から著しい減少が始まり、最終的にはほとんどなくなってしまうといわれています。
酵素は消化と代謝という体の大きな機能に関わっている物質なので、これが少なくなることは体の機能の低下に直結します。
だからこそ、酵素を意識的に補給していくことが大切なのです。

酵素は熱に弱い

酵素サプリメントにはさまざまな種類がありますが、中にはあまり酵素の効果が実感できないものもあります。
その理由は、製造過程における加熱にあります。

酵素は熱に弱い物質で、48℃を超えると活動を停止してしまいます。
一度活動を停止した酵素は温度が下がったとしても活動を再開しないため、製造に加熱の工程がある場合は酵素の効果は実感できないと考えられます。

加熱に注意

例えば酵素ドリンク。
瓶に入っている酵素ドリンクは、販売のルールとして加熱殺菌が必須となっています。
そのため、酵素ドリンクに含まれている酵素は活動を停止していると考えられるので、酵素の効果は実感できないでしょう。
錠剤やカプセルタイプのサプリメントでも製造工程で加熱されていることが多いので、注意が必要です。

もっとすっきり生酵素は、そうした加熱処理は行われていません。
低温処理した酵素を特許製法のカプセルに詰めているので、生のままの酵素をしっかりと取り入れることができます。